英語を学ぶべき人が増えている??


みなさん、英語を学ぶというとどういう人を思いますか?

小学生から英語教育が義務化され、3歳4歳の子から英語教室に通うお子さんや、

受験に備えて通われる、小学生、中学生、大学生の皆さんや、

仕事で必要な社会人の方、キャリアアップ、スキルアップをしたい方など、

当たり前ですが、英語を学びたい方、必要な方が英語を学んでいると思います。

 

そんな中、注目したいのがこちらです。

現在、英語を公用語とする企業が着実に増え続けているということです。

海外からの労働者の増加や日本企業の海外との提携などで、英語の必要性はとどまることがなく、伸び続けています。

この動きは特に製造業で顕著のようで、

例えば高卒で製造現場で働く人たちも英語が必須になってきているようです。

日本の学校での英語教育は大学受験に向けたものですが、

今後はさらに大学進学者だけの話ではなく、英語を勉強しなければならない人が増えていきます。

 

高卒の方が仕事で必要な英語は受験で必要な英語ではなく、使える英語です。

実践的な英語です。

これからは、大学受験の人よりも高卒就職に人の方が、

英語教室に通う割合が増えてもおかしくありません。

Have any Question or Comment?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今すぐ電話!!