会話ができる英語に!!


これからは、読み書きだけではなく、会話ができる人が求められています!

 

2020年からの英語教育カリキュラム開始に伴い、2018年から小学校での英語学習が本格化され、中学校以降での英語の授業は原則英語のみとなり、英語の読み書きだけではなく、

会話ができる人材の育成がこれからどんどん進んでいきます!!

また、センター試験での英語教科では、スピーキングの分野が加わります。

 

これからどんどん進化・進歩していく英語学習において、暗記での英語学習をしていませんか?

 

当校では、日本人のほとんどの人がまちがってしまっている、英語の本当の勉強方法を徹底的に学んでもらいます。

「英語を英語のまま理解する」とは、正確にどういうことで、具体的にどうすればよいのか、お伝えします。

 なぜ、多くの人がしている「暗記」で単語を勉強してはダメなのか?

単語帳を見て「apple」=「りんご」のように暗記をしていては、絶対にダメです。

 英語を本当の意味で覚えるための方法とは?

英語を日本語に訳さないと読めないのは、本当の意味で覚えていません。

 英語の勉強が挫折してしまう「本当の原因」、仕組み、とは何なのか?

これを知らない人が多すぎです。だから、勉強が続きません。しかも、頭が鈍ります。英語の吸収力が落ちてしまいます。

 注意:勉強をせずに英語が身に付くと思っている方はご遠慮ください。

勉強は、必要です。

勉強をせずに、魔法のように英語が身に付く方法は、こちらでは知りません。

これは、同じことを身に付けるのに【100時間かかる】、または、【いくら勉強しても本当の意味で身に付かない】というところを、【半分】【3分の1】【4分の1】にいかに縮められるのか、を徹底的に追求したものです。

実際、英語教室・中学・高校・大学・会社の研修などで、10年間以上、英語を勉強しても、英語が話せないというのは、いくら勉強しても本当の意味で英語が身に付いていない、ということです。

テストが終われば、すべて忘れてしまう勉強方法は、完全にまちがっています。

まわりの人がやっているからという理由でしている勉強方法は、実は、完全にまちがっている可能性があります。

 

英語が自分で必要な方以外にも、お子さんをお持ちの方におすすめです。

 

まずは、とりあえず連絡してみましょう!!

お問い合わせフォーム

Have any Question or Comment?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

今すぐ電話!!